カテゴリ:用語・知識・機材( 6 )



この写真に感じるものがありましたら
↓クリックお願いします☆↓

2008年 05月 17日
ヒストグラム&望遠・広角

久しぶりに『用語・知識・機材』カテゴリの記事です!
今回はヒストグラムとレンズについてです♪
ちょっと長いので、続きに書いてるのでどうぞ^^

More***
[PR]


この写真に感じるものがありましたら
↓クリックお願いします☆↓

by photo_kaze | 2008-05-17 15:51 | 用語・知識・機材
2008年 04月 24日
露出&ホワイトバランス

ホワイトバランス
この例は著しいのを集めてみましたが、ホワイトバランス以外は何も変えずに撮ってます。
こんなに違うんですよ!
これは白いものを白く写すための設定です。

ホワイトバランス:太陽
b0083811_2172436.jpg


ホワイトバランス:日陰
b0083811_2175150.jpg


ホワイトバランス:蛍光灯D
b0083811_2182036.jpg


ホワイトバランス:電球
b0083811_2184953.jpg


例えば電球(白熱灯)って赤いオレンジの明かりですよね。
赤く染まった色を白くするのに、青い色を足してるって考えればわかりやすいでしょうか^^
太陽光は基本となってる光なので、これで設定しておくと、結構見た目どおりの雰囲気に仕上がると思います。
でも白熱灯の下で撮るから電球にしないと!ってことは全然ないですよ^^
電球でしてしまうと白熱灯のあの雰囲気が消えてしまいます。
逆に真っ赤な夕日を撮りたい時なんかは、日陰などを選んでより赤さや黄色さを増すという手もあります!
色々試してみてください♪


露出

適正露出というのがありますね。
しかしこれは曲者で、カメラが出してくれる適正露出はグレーに合わせるものなのです。
以下の写真で説明!

b0083811_21235174.jpg

黒いはずのレンズ・・・明るく写ってこれでは灰色ですよね;
b0083811_2124815.jpg

白いはずのキーボード。白く見えません。

両方とも適正露出で撮っています。
が、本来の色と全然違いますよね??
黒は光をあまり反射しません。
だから、カメラで露出を測る(カメラの露出計は反射してきた光の量で測ります)と、光があまりないぞ!?じゃぁもっと明るく撮らないと!!ってなってしまうわけです。
逆に白は反射するので、明るすぎだ!暗く撮ろうってなるんですよ。
なので、白を白く写したい場合は、露出をプラス(明るく写す側)にしたら白く映るわけです^^
黒はその逆ですね!

ちなみに入射光を測る露出計(別に機械があるんです。白い半球がついたようなのです)ではまた別の話になりますから、
これはカメラ内蔵の露出でという話になりますけどね^^


1段について

シャッタースピード、絞り、ISO感度、それぞれに一段があります。
・シャッタースピード
...1/125 ←1段→ 1/60 ←1段→ 1/30 ←1段→ 1/15...
・絞り
...2.8 ←1段→ 4 ←1段→ 5.6 ←1段→ 8...
・ISO感度
...100 ←1段→ 200 ←1段→ 400 ←1段→ 800...

でもカメラのダイヤルを回してると、この数字の間にも数字がありますよね??
あれはカメラの設定でしてる1/2段や1/3段なので、1段はこれで決まってるのです!
よく見ると法則性がありますよね^^
そう、2倍(もしくは1/2)になったら1段なんですよ!!
ただし、絞りについては、「1.4」からと「2」からの2倍の数字が交互なんですが・・・
(なぜこれだけそうなのかはちょっと私には分かりません^^;)

まぁ知らなくてもカメラが設定してくれちゃいますけど・・・
知ってるとちょっと便利ですよ♪
よく「1段絞ると・・・」って会話があったりしますから^^
このときにダイヤルを一回まわした数字(1/2段とか1/3段)と思ってたら全然違っちゃいますからね。
(そう思ってた時期あり;;)
[PR]


この写真に感じるものがありましたら
↓クリックお願いします☆↓

by photo_kaze | 2008-04-24 18:33 | 用語・知識・機材
2008年 04月 22日
基本

私が写真を始めたばかりの頃、
何も知らない状態でブログをはじめ、色々と使い方など学んでいったことを記事にしていました。
私も学校に通ったり、部活で写真をやったりしていた訳ではないので、
初めて一眼レフを手にして写真を撮られる方の気持ちがすごくわかるのです!
まだまだ勉強中ですが、
ここを見て下さってるちょっと前の私みたいな人に少しでも役に立てたらと思い、
基本的なことから、私が勉強したことなどもたまには書いていこうと思います^^
今日の記事は最初の頃に(旧ブログで)教えてもらったり自分で調べたりしてわかった事を書いた記事引用してます^^


***まずは言葉の意味から***

絞り
レンズの中の穴が開いたり閉じたりしますよね? あれです(笑)
穴が大きい(開放)と光が多く入って、小さい(絞る)と光が余り入らない。
絞りも明るさ関係ですね^^
絞りに関係して「F値」があります。(絞りの単位見たいなもの?)
F値は小さい方が明るく、大きい方が暗いです。

被写界深度
コレは簡単!
ピントの合ってる場所の広さですね♪
コレは絞りで変えれます!
絞りを大きく(F値を小さく/開放)すると被写界深度が浅く(一部しかピントが合ってない状態)になります。
絞りを小さく(F値を大きく/絞る)すると被写界深度が深く(全体にピントが合ってる状態)になります。

シャッター速度
シャッターが開いてる時間が長いか短いかです。
速度が遅い(開いてる時間が長い)と、光が沢山入ってきます。
速度が速い(開いてる時間が短い)と、入ってくる光が少ないです。
夜景などを撮るときは、街灯などの少しの光を集めないといけないので、
長い時間シャッターを開くのです。
が、なかなか手振れして上手く撮れませんよね?
シャッターが開いている間に写るものを写すので、
例えば、滝なんかを撮ると、
シャッター速度が速ければ、水は止まったように写り、
遅ければ、水の通った後が筋のように写ります。
シャッター速度を遅くすればするほど、カメラが動かないようにしないといけないということです。

露出
「適正露出」というのがあります。(ちょうど良い明るさのこと)
露出は明るさに関係していて、大きいと明るくなって、小さいと暗くなる。
露出はシャッター速度と絞りで決まってくるので、カメラが勝手に適正露出くれるモードもあります。
露出を変えたいなら、「+-Av」というボタンを押しながらダイヤルを回せばかわります☆

ISO感度
光を感じる能力で、数値が高いと感度が高いです。
感度が高いと、少ない光でも平気になるのです。
だから、暗い場所でもシャッター速度を早く設定できたりして、手振れの心配が減ります!
でも、感度を上げると画像が悪くなる(?)ようなので、使い分けが必要ですね♪


***用語をふまえたうえで***

・絞りを一段絞ったとき、シャッター速度を一段遅くすれば、同じ明るさで撮れる。
 このバランスを崩すのが、露出を変える事になる。
(この「一段」というのもわかっていなかったので、これについては後日詳しく説明致します)

・感度より、露出で明るさを調節した方が画質が悪くならない。

・シャッター速度は「1/レンズの長さ」程度の速度で撮るとブレにくい。
 (200mmの望遠で撮るなら、1/250程度のシャッター速度)
 レンズが伸びたり縮んだりするのは、その時の長さによって変わる。

・望遠で撮る方が、手ブレを起こしやすい。
 脇を締めて呼吸を整えると、上手く撮れる!?


***次回予告***

・白と黒と露出
・ホワイトバランスで
・「一段」について
[PR]


この写真に感じるものがありましたら
↓クリックお願いします☆↓

by photo_kaze | 2008-04-22 12:24 | 用語・知識・機材
2008年 01月 26日
セットで撮影

更新頻度が落ちているにも関わらず遊びに来てくださってありがとうございます^^
環境が変わりましたので、しばらくは休みの日の更新になります。
ストックがあれば、写真アップだけは休みにしといて、休みじゃない日に携帯で記事を書くことはできるのですが……
コメントのお返事は携帯ではしにくいので、どうしても遅くなってしまいますが、どうぞ気長に待ってください^^;

では、今日はちょっといつもとはテイストの違う写真を。
b0083811_9263855.jpg

初めてセットを作って撮った写真です。
勿論ライティング等全く知らない状態だったので、アドバイスもらいながらですが……(苦笑)
なかなか思ったようにライティングをするのは難しいと初めてわかりました;
(というか、基本を知らないので、どうすればどうなるかをわかってないんですが;その辺試しながら試行錯誤です^^;)
ちょっと違うだけで全然変わっちゃうんですよね(苦笑)
奥が深いです……
因みに数時間かかってこの写真ができました。
(最初ボロボロでしたが、アドバイスもらいながら直して出来た写真)
一応、「正面から商品撮影(切り抜き)」というお題でした。
そして、できたこの写真の点数は3点らしいです(100点満点だったらどうしよう;;)
全く知らない割にはできた方だと思うのですが……

b0083811_9393240.jpg

そして、これは、上の写真を撮ってる途中にできた写真。
イメージ写真みたいになったので、お題とは違ったのですが、ちょっと気に入ったので♪
全然違う雰囲気ですが、セットはほとんど同じです。
こんなに変わるのです!

ちょっとライティングの勉強してみます。(早く本届かないかなぁ)
今までは雰囲気で撮ってましたが、これからはよく光を見るようにしたいです(反省)
太陽光も、ライティングですよね!
スキルアップ頑張ります☆
[PR]


この写真に感じるものがありましたら
↓クリックお願いします☆↓

by photo_kaze | 2008-01-26 09:52 | 用語・知識・機材
2007年 07月 02日
フィルムカメラ

初めてのフィルムカメラ、分からない事がいっぱいです(苦笑)
ちょっと触って疑問に思って教えてもらった事とかメモしときます。
なにぶん初めてですので、違う知識などありましたらご指摘ください^^


『フィルムについて』

ネガとポジがあるそうです。あとモノクロも別のフィルム。
種類も沢山で、フィルムによって写りが違うそうです。
(これから色々使って好きなのを選んでみます♪)
感度はフィルムで決定されてるようで、フィルムの名前の後の数字が感度らしい。
(デジカメなら撮る時に決めれますよね^^)

・ネガフィルム
  これが普通に知ってるフィルム。茶色いネガのやつです。

・ポジフィルム(リバーサルフィルム)
  ネガと違って、現像を頼んだときにプリントされないそうです。
  帰ってくる形は、四角いスライド用みたいなのか、ネガみたいなのか。
  (↑分かりませんよね; なんと言っていいやらわかりません/汗)
  でも、ネガと違って茶色の色ではなくて、色が付いています!
  ネガよりも値段は割高になるそうです…^^;
  現像屋さんでの調整が出来ないらしい(撮った状態が反映)ので、難しいけど勉強になりそう……。

『カメラについて』 (ただし私のF401の場合)

・フィルムを入れるときは直射日光に当たらない場所で
(↑私の唯一最初から知ってた知識;)
・フィルムをセットしたらシャッターを押して準備完了!
(シャッター音が三回連続で鳴ったのでちょっと驚きました/苦笑)
 このとき後ろの小窓から黄色と黒の縞が回るのを確認する。(上手くフィルムがセットできてるかの目印)
・ファインダーを覗いたら、デジカメより全然見える範囲が大きい!!
・レンズの一番手前の数字は絞り値。
(デジカメの時は全く何の数字か分からなかったんですが、ここで絞りを決めるのもあるらしいです。因みにF401は違います^^)
・写真の枚数は1から(何枚撮ったかが表示される)
(インスタントカメラはたしか残り枚数じゃなかったでしょうか?てっきり残り枚数が表示されるとばかり……/苦笑)
・ちゃんとファインダー覗いたら、下の方に露出の表示「-○+」が表示されるので、それを頼りに合わせる。
・ISO感度の設定は自動なのでしなくていい。
***7/3追記***
・クォーツデートなので蓋の後ろの日付の表示のまま撮ると写真に日付が付く。
(デジカメはプリントの時に決めますが、フィルムは違うみたいですっ。
ただの設定の為にあるのだと思ってた私は、案の定日付つけてしまいました……;
知らなかった方、気をつけてください!)
******

20年前の機種なのに、結構自動な事があって助かってます(笑)
フィルムも自動に巻いてくれるし、一応AF付いてるし、デジカメのPモードみたいなのもあるし(笑)
でもやっぱりフィルムだとシャッターを押すのが慎重になりますね。
まだ10枚も撮ってない(汗)
それにダイヤルでシャッター速度と絞りを一回一回合わせてるのでゆっくり撮る事になります。
すぐにどんな写真が撮れたか確認できないので、早く現像したい気分です(笑)


まだまだ分からない事だらけですので、気付いた事や知ったことがあったら
また書いていこうかなと思います^^
[PR]


この写真に感じるものがありましたら
↓クリックお願いします☆↓

by photo_kaze | 2007-07-02 07:05 | 用語・知識・機材
2007年 02月 13日
ストロボについて

以前のブログでは、カメラを買ったばかりで知らない用語など沢山あったので
私が知ったことやわかった事なども記事にしていました。
こちらのブログに移ってからは書いてなかったのですが、
今回新たな発見(学んだ事)がありましたので、こういうのも復活させちゃいます♪

専門的に学校などで習った訳ではないので、間違った事もあるかもしれませんが
そういった場合は教えていただければ助かります^^

今回は長いので続きに書きますね。

More
[PR]


この写真に感じるものがありましたら
↓クリックお願いします☆↓

by photo_kaze | 2007-02-13 18:54 | 用語・知識・機材